読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小飲食店を応援する会(CSS) 飲食店経営 サポート

中小飲食店を応援する会では、あなたのお店の課題を解決し、価値ある目標を段階を追って達成していけるよう有益な情報の発信やツールなどの紹介を行っていくことを目的としています。

社長の仕事は何でしょうか?

f:id:cheering_small_shops:20170117204321j:plain

先日、お店を閉店した方と、お話する機会がありました。

その方は、居酒屋を経営されていたのですが、

不況の煽りをうけたと言っていました。

しばらく話を聞いていたのですが、

他のお店の批判だったり、

スタッフに恵まれなかったこと、

終いには最近の人は料理の味がわかっていない

と、お客様の批判まで言っていました。

そして、

「俺は信念をもって料理を提供していた。

 そのことをわからない奴が多いから困るよ」

などと言っているのです。

私は黙って話を聞いていましたが、心の中では

「この人の経営していたお店は潰れるべくして潰れた」

と思いました。

お店が潰れたのを

お客様せいにするなど論外です。

この方が経営していたお店は

味で負けたのでも宣伝で負けたのでもありません。

商売に対する考え方で最初から負けていたのです。

絶対に信念を曲げない、

と思っている経営者は多くいます。

しかし、

社長の仕事は「商売を成功させること」であって、

信念を貫くことではありません。

信念によって商売を成功させることができないのであれば

信念など捨ててしまったほうがいいのです。

自分の味で勝負などと言っていないで、

お客様が気に入るように変えていかなければ

いけなかったのです。

お客様を呼ぶには、

お客様に好まれることが重要だからです。

・好まれるような味にして

・好まれるような店構えにし

・好まれるような接客をする

これは当然だと考えるべきなのです。

信念を貫いて言い訳をしている間に

成功が遠のいていくことは当然のことなのです。

こってり味が好まれるのであればそのようにしてみる。

さっぱり味が好まれるのであればそのようにしてみる。

お客様をしっかり観察して、

臨機応変にお客様に好まれるように変えていく。

こういったことを何度も繰り返すことが

経営努力というものなのです。

自分をお客様より高いところにおいていては

お客様に好まれるようになりません。

理念や信念に固執していると

世の中の変化にうとくなるので注意が必要です。

逆にそういったものを持たないほうが

プラスの行動を起こしやすくなる場合が多いのです。

もう一度、考えてみてください。

社長の仕事は何でしょうか?

◎中小飲食店を応援する会とは?

http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎私たちの紹介

http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎売上・利益改善ツール

http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!

http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ

http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット

http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読

https://goo.gl/ImlG9w