読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中小飲食店を応援する会(CSS) 飲食店経営 サポート

中小飲食店を応援する会では、あなたのお店の課題を解決し、価値ある目標を段階を追って達成していけるよう有益な情報の発信やツールなどの紹介を行っていくことを目的としています。

多く買いたくなる心理テクニック

f:id:cheering_small_shops:20170110083055j:plain

日本飲食店パートナー協会の阿保です。

今日は、タダみたいなコストで、

簡単に客単価アップができるテクニックを話します。

どんなテクニックかと言うと、

本当は1つだけ買うつもりだった人が、

思わず2つも3つも買ってしまう

「余計買いをさせるテクニック」です。

ということは、

もしも悪人が悪いことを考えていれば、

ヒドイ商品をバンバン売りさばくことも

できちゃうテクニックです。

なので、、、

悪用しない範囲で活用してくださいね。笑

では、さっそく。

1つ買うつもりの人が2つも3つも買ってしまう

「余計買いをさせるテクニック」とは・・・

「数量限定」。

たとえば、

北海道の空の玄関である新千歳空港には、

たくさんのお土産屋があります。

毎度僕も買ってしまうバカ売れお土産に

じゃがポックル」という商品があるのですが、

あるショップにはこんなPOPが貼られています。

「人気ナンバー1!お一人様5個まで」

こうやって書かれていると、

「お土産、何にしようかな~」と考えている人には、

(そんなに売れている商品なんだな)とか、

(みんなまとめ買いをしているんだな)とか、

いろいろと想像を掻き立てられます。

そして、、、

(せっかくだから2つ買っていこうとかな)

と思ってしまうわけです。

実際に僕も、購入者の動向を見ていたのですが、

かなりの割合で2つ(以上)を買っていく人が見られました。

また、、、

以前スーパーのカップラーメン売り場に行ったとき、

あるコーナーだけ商品がスッカラカンに売れ切れてました。

そこの棚にあったPOPを見ると、

「入荷しました!お一人様2個まで」と。

こんな感じで、一人当たりの数量に限定性をつけると、

複数買いたくなるという心理が働くので、

飲食店ならお土産の店販品や通販商品などに使えますね。

とは言え、

人の胃袋には限界があるので、

イートインのお店では2倍も3倍もは食べれません。

(別腹のデザートならOKかも)

なので別視点での応用法について明日はお伝えします。

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!

http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ

http://jfp-a.com/

◎[釜飯 宅配ビジネス]釜めし導入セット

http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html